銀行口座の差し押さえをされてしまったら【相談・解決】

銀行口座を差し押さえられたら何をすべきか?

差し押さえの対処法・解決方法としては、

 

1.全額一括返済する
2.債務整理=借金整理

 

※税金滞納による差し押さえの場合を除く。

 

債務整理には自己破産や個人再生など幾つかの方法があります。
差し押さえされた時は、ご自身の借金状況にあった債務整理をえらぶことが重要です。

 

差し押さえに関する質問・疑問

 

なぜ口座を差押えられてしまったのか?

差押えの強制執行は、税金の滞納や、債権の返済が大幅に遅延した場合などに行われます。

 

差押えの対象になる財産は?

口座の他に、不動産、証券類、生命保険、預貯金も差押えの対象になることがあります。

 

口座が差押えられたらどうなるの?

口座への入金は可能ですが、預金の引き出しが出来なくなってしまいます。

 

自己破産は考えておくべきなの?

自己破産を行うには、一定の条件をクリアしている必要があります。
ギャンブルや浪費での借金は自己破産できる可能性が低いですし、借金を返せると判断された場合も自己破産はできる可能性が低いです。

 

>>ギャンブル・浪費で自己破産はできる?

 

口座の差押えを回避するには何をすればいいの?

 

完納・完済できそうな場合は、先ずは支払いの意思を示しましょう。そうすれば差押えに関しては回避できることが多いです。

 

完済・完済できなそうな場合は、早急に弁護士に相談するのがベストでしょう。

 

借金問題(差押え、過剰な請求など)を解決するための弁護士選びのポイント

 

経験と実績

弁護士には得意・不得意があります。債務整理に関して信頼のできる弁護士事務所を選びましょう。

 

支払方法

着手金はかかるのか、成功報酬は明記されているか、分割払いは可能なのか、この3点はしっかりとチェックしておきましょう。

 

無料相談はできるのか

弁護士事務所によって相談料はかわってきます。無料相談ができる事務所を選ぶとよいでしょう。

 

 

 

銀行口座を差し押さえられてしまい、滞納している借金を返せるあてがなく安易に自己破産など申立しようとする人は少なくありません。

 

しかしながら、自己破産は1人で簡単にできるものではないですし、誰でも条件を満たせるものでもありません。
先ずやるべきことは、早急に債務整理の専門家に相談することです。

 

緊急時におすすめの弁護士事務所

樋口総合法律事務所

 

項目 樋口総合法律事務所の強み
初期費用 初期費用¥0
支払い方法 後払い・分割払い可
受付時間 365日24時間相談可
相談方法 メール・電話相談可
対応スピード 即日取立ストップ

 

差し押さえは、こちら側から行動を起こさない限り完済するまで続きます。
差押えを止めたいならば、早急な対応が求められます。

 

樋口総合法律事務所ならば、相談・対応が迅速に行われるので非常におすすめです。