自己破産ができる可能性【ギャンブル・浪費の場合】

ギャンブルが原因でも自己破産ができる可能性は?

ギャンブル・浪費による借金は裁判官次第?

 

浪費の借金は自己破産できないとよくいわれています。

 

パチンコ、パチスロ、競馬などのギャンブルの借金は浪費によるもので生活に必要なお金だとはいえません。

 

他にも高級車や貴金属などを購入するときにできてしまった借金も浪費になります。

 

これらの浪費による借金は生活に必須ではないので自己破産の免責が下りないと言われています。

 

しかし自己破産の免責を判断するのは裁判官の裁量なので絶対におりないとは言い切れません。

 

世間一般では浪費の借金は弁護士さんに相談しても難しいと言われますが、自己破産の免責を判断するのは裁判官の裁量という非常に曖昧な部分だからこそ、経験豊かな弁護士に一度相談するのがよいのではないかと思います。

 

重要なのはギャンブルをするにいたった経緯

 

借金の理由がギャンブルによるものだとしてもそこに至るまでの過程が個人によって違います。

 

これが、裁判官が自己破産の免責を判断する上でポイントとなってきます。

 

パターン例

例えば、職場が言わゆるブラックで、上司のパワハラがきつく、パチスロにのめり込んでしまった。
このように仕事がきつくてストレス解消のためにパチンコをするようになったなどがあります。

 

これをやむを得ぬ事情だと裁判官が認めてくれれば自己破産の免責がおりる可能性があります。

 

自分で判断せず、一度相談することが借金問題解決のスタート

 

裁判官の裁量によって決まるので絶対という保証は出来ませんが仮に免責がおりなくても何かが変わるわけではありません。

 

万が一免責がおりなくてもこれ以上借金が増えるわけではありません。

 

最近は無料相談をしてくれる弁護士も増えているので一度相談してみるのも良いと思います。

 

 

借金問題に強いの弁護士の選びかた

 

弁護士事務所によって得意な分野、不得意な分野があります。

 

自己破産など借金問題で悩んでいるならば、債務整理の実績が多い弁護士事務所を選ぶべきです。

 

そして、弁護士といえど人なので自分との相性があります。
必ず、事前に相談したり顔を合わせたほうがいいので、無料相談を受け付けているところを選ぶのもポイントです。

 

支払いの総額をHPに明記しているかも重要ですのでしっかりチェックしましょう。

 

様々な事務所を比較してわかったことですが、着手金が安くても成功報酬がいように高かったり、
料金体型が不明確だったりするところもあるので、総額をしっかり見ておきましょう。

 

選びかたのポイントまとめ

1,債務整理案件の実勢がある事務所

 

2,相談を無料で受け付けている。

 

3,最終的に支払う総額が明記してある。