闇金の取り立てへの対処※兄弟や会社職場への電話を阻止

闇金の取り立てへの対処※兄弟や会社職場への電話を阻止

闇金からうっかりお金を借りてしまった場合、もし返済できないと取り立てが来ます。通常の金融機関であれば、電話か督促状程度ですが、闇金は違法業者であるため、法律で禁じられている取り立て方法、たとえば家や職場まで押しかけるとか、一日中督促の電話をかけるということを平気で行います。
もしそのような事態となった場合には、どのような対処方法がいいでしょうか。対処方法としては、音声や画像を残しておくのがいいでしょう。電話もできれば録音し、家に来た時などは、相手にわからないように写真を撮ったり、また、植木鉢などを壊した場合には、それも撮影しておいて、証拠として警察に届けることをお勧めします。
しかし、警察でも対処できない場合は、弁護士や司法書士に相談するといいでしょう。こういう法律のプロの中には、闇金対策を売り物にしている事務所もありますので、できれば、そのような所に依頼することをお勧めします。弁護士または司法書士から、介入通知を出してもらえれば、取り立ては止まります。しかし、それでもまだ来る場合には、もう一度相談をもちかけるようにしてください。闇金を相手にするのは、一種の根競べでもあります。
また、闇金の被害を受けないために、ブラックでも多額の融資をしますと謳っている業者や、連絡先が携帯番号しかない業者は避けるようにしましょう。今ではネット上に闇金業者のデータもありますので、お金を借りる前に、それで事前にチェックをしておくといいでしょう。