差し押さえ対処法【税金滞納】

税金滞納、差し押さえ、、、どうすればいい?

差し押さえ対処法

 

給料などを差し押さえられた日にはもう…。
精神的なショックも大きいですが、適切な対処法が見つからないのも大問題です。

 

差し押さえをされると大抵の人は、何をしていいのか分からず右往左往してしまうもの。

 

税金滞納するとどうなる?

 

税金を滞納していると差し押さえが行われます。
これは収入が多いにもかかわらずお金を払わなかった際に適応されます。

 

基本的に預金口座の差し押さえを行った後、不動産など競売にかけられそうなものを押さえていくことになります。
何故預金を先に差し押さえするのかと言いますと、預金の残しておくと色々と処分される危険性があるからです。

 

証拠隠滅を図られては差し押さえを行っても冤罪になることも想定されます。
なのでまずは現金を下ろせないようにしておきます。

 

その上で差し押さえ令状を発行し、自宅の差し押さえに向かいます。
差し押さえられた品は2度と手元に返ってきません。場合によっては不動産を差し押さえられる可能性もあるのです。

 

差し押さえられた品は官公庁オークションによって競売が行われます。
官公庁オークションは、ヤフオクか楽天オークションにて実施されていることが多いです。

 

また不動産については新聞に掲載されている場合があります。
その際も差し押さえ物件であることの証明がされます。これらを売却したお金は、税金として納付されることになります。

 

差し押さえが行われるとあらゆる財産を一気に失うことになります。
一応預金口座については差し押さえが終わると使用可能になるケースもあります。
滞納をすると怖いことになるので、税金はしっかりと払うようにしましょう。

 

税金滞納以外が原因の差し押さえなら

税金滞納以外の、弁護士が介入できる借金問題の場合は
自己破産か個人再生を申し立てることで差し押さえを止められるケースがあります。

 

このシミュレーターではご自身にあった債務整理を知ることができ
今後の動き方を計画することができておすすめです。

 

ただ、税金滞納での差し押さえの場合弁護士は介入できないので注意が必要です。
税金はなるべく納めるようにしましょう。