自己破産したら住宅ローンはどうなるの?

自己破産と住宅ローン

 

自己破産後の住宅ローンについて心配している方には2パターンあると思います。

 

①自己破産後に住宅ローンを組むことは出来る?
②住宅ローンの返済が終わっていないけれど自己破産したら残りのローンはどうなる?

 

自己破産後に住宅ローンを組むことは出来る?

 

自己破産をすると、信用情報、いわゆるブラックリストと呼ばれるものにその旨が登録されてしまいます。ブラックリスト登録期間は一概には言えませんが、だいたい5~10年間ぐらいであることが多いです。

 

ブラックリスト登録期間は新たに借入をしたりローンを組んだりすることが非常に難しくなります。ですから10年間ぐらいは住宅ローンを組めないものだと思っていた方が良いでしょう。

 

住宅ローンの返済が終わっていない状態で自己破産したら?

 

住宅ローンの返済が終わっていない状態で自己破産をしたら、自己破産者本人(住宅ローンを組んだ人)は返済義務がなくなります。

 

ですが、自己破産者本人に返済義務がなくなっただけで、住宅ローン自体はなくなっていません。では、残った住宅ローンは誰が支払うのかというと、連帯保証人が完済まで支払うこととなります。

 

住宅ローンが払えす自己破産
総量規制で個人の方は貸金業者からの借入総額が原則年収の3分の1になりました。
この規制のおかげで多重債務に陥ってしまう危険性が少なくなりましたが、
リストラなどで住宅ローンを返済できなくなり、住宅を売却してもまだ残債務が多額で自己破産されるようなケースもあります。
自己破産後の住宅ローン
自己破産後は住宅ローンなどは払う必要がありません。
その代わり自己破産ではマイホームや車など高価な財産は処分されてしまいます。
しかし、中にある家財道具や、99万円以下の現金、20万円以下の預貯金などは残すことができます。
何もかも失ってしまうわけではありませんが、一度、自己破産をしてしまうと様々なデメリットが生じてしまうのも事実です。
自己破産とカードローン
どうしても返済できない時は専門家である弁護士、または司法書士に相談してみてください。
ほとんどの事務所で債務のご相談は無料です。
自己破産ができない人もいます
自己破産は無職の方でも専業主婦の方でも行えますが、
浪費やギャンブルで多額の借金を抱えてしまった場合は、裁判所から認めてもらえないケースがほとんどです。
ですが現在更生中で十分反省している場合は、情状酌量の余地があると認めてもらえることがあります。

誰でも自己破産ができてしまうと、返せなくなったら自己破産すればいいと安易に考えてしまう人が増えてしまうために、
ギャンブルや浪費が原因の場合は厳しくなっています。
家族の預金通帳や給与明細などを用意できれば、家族に知られずに自己破産出来る場合があります。